オキシトシン

オキシトシン

私たちは自分で自分を幸せにできる機能があるのです!

ここ数年で「オキシトシン」という言葉を聞くようになりました。テレビではNHKがよく外国版の番組や「ためしてガッテン」などで放送しています。

男女の愛がテーマの時やあったり、人と犬でオキシトシンが分泌されるという検証の番組もありました。

番組の詳細は下記の6番組をUPします。

NHKのHP 「なぜ犬は人の心を癒やすのか?」
こちら 「ヒトとイヌ 進化の歴史が生んだ奇跡の関係」もあります。
こちらは人同士 「痛み&認知症に効く。癒しホルモンの驚きパワー」
こちら  「ハッピーホルモンで不安ストレス撃退」
もう一つ  「ママ達が非常事態2〜パパもママもハッピーになる子育て 最新科学が教えるヒント」
食とオキシトシン  「料理を美味しいと感じる脳の仕組みとは?」

  1. アロマテラピーをしているとき
  2. マッサージをしているとき
  3. ペットと目と目を見つめあうとき
  4. ペットを抱きしめるとき
  5. ペットと遊ぶとき
  6. 撫でるとき
  7. ミュニケーションを教えるとき
  8. 犬だと散歩をしているとき

自分の中にも、ペットの中にも、何かが芽生えています。

  1. 幸せな気持ちになれる
  2. 充実感が湧く
  3. 癒される
  4. 嫌なことが忘れられる
  5. 心が温かくなる

そこには「何かが確実に変化している」「何かが良い方向へ変わっている」そう感じていませんか?

それは脳内で起こっているということも私たちは感覚として分かっています。

これらは医療の分野になるので私たち医療者ではない場合、明確に書くことはできませんが

オキシトシンの詳しいお話はぜひオキシトシンの第一人者である高橋徳先生の記事をご覧ください。

クリニック徳 愛と健康 

愛と健康とオキシトシン〜祈りと医学をつなぐもの〜

私たちは自分で自分を幸せにできる機能があるのです!

それを有効活用しましょう

オキシトシンの世界へようこそ

「愛と健康とオキシトシン」(オキシトシンは医学と宗教を繋ぐ架け橋)より転用

>愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペットと自分の健康を守りながら幸せになる!教えることで社会貢献!