アロマテラピー

アロマテラピー

芳香(aroma)療法(therapy)

自然治癒療法は古代からたくさんの方法があります。その中に「植物療法」があり、その1つがアロマテラピーです。他にもハーブ療法や、ちょっと変化球かもしれませんがフラワーレメディーもあります。

20世紀になって薬用成分から有効成分が分離精製されるようになるまでは、薬草医学が中心でした。精油の蒸留が確立されたのは10世紀とされています。人間が誕生した年月とともに人間の心身の健康に役立ってきた植物。今でもフランスやドイツなど、精油の処方がされる病院もあるようです。

日本ではアロマテラピーが普及し始めてから40年近く、芳香浴やマッサージで精油の力を得る方法と飲用できる精油が入ってきていますが、

当協会では芳香浴とマッサージで精油の力を取り入れていきます。

 

 

アロマテラピーはお部屋で炊くだけで
私たちの愛するペットも家族も自分自身も植物の恩恵を受けられます。
幸せな環境を整える1番の「道具」とも言えますね。

だからこそ、私たちの協会ではアロマテラピーを重要と考えています。

ちょっとだけ精油の成分(植物の持つ力)について

    

香りを構成している1つ1つの成分に香りがあります。精油には成分がいくつも入っていて、その成分の香りが折り重なり、1つの精油としての香りを作っています。

例えばラベンダーには200以上もの成分から成り立っていると言われ、各メーカーの精油成分表を見てもダントツに精油成分が記載されています。精油成分が多い分、作用の種類も多くなり、ラベンダーが万能薬といわれる理由がここにあります。

その精油成分の%を合計しても100%にはなりません。これは人間の力ではまだまだ解明できていない成分があるということで、人間には解読できない植物の偉大さを感じます。現代の薬成分は人間が合成して作り出したものですから、当然100%解明できます。これが理論で解決できるものと理論で話せないものとの差になります。どちらがいい悪いではなく、お互いに排除しない、攻撃しない、上手に住み分けていくことが大切と考えます。

そして、1つ1つの成分に薬理効果が発見されていて、その成分によって恩恵(その植物を食べたら胃の調子が良くなったとか、お腹が痛いのが楽になったとか)があり、動物たちはそれを実感した時(=良い体験)にその成分が含まれている植物(=精油)を好むようになります。

精油を植物油に希釈して肌に塗ると、肌が綺麗になったり、髪にツヤが出たり、その部位が楽になったりします。芳香浴であれば自律神経が整ったり、女性ホルモンが整ったり、空気の浄化や消臭といった、植物の恩恵をすぐに実感できます。

ペットももちろん同じです。種によっては使えない精油があったりしますが、人間の赤ちゃんにも優しいと言われる精油を使うことで安全性を高めて使うことが可能です。

精油の化学については、精油の化学の権威である故 三上京平氏に素晴らしい書籍のわかりやすい書籍をご紹介します。

 

もう1冊、林真一郎さんの2021年度の書籍です。

わかりやすく書かれている書籍が多いので
実際に手にとってご自身に合う書籍を
ご覧になられた方がいいかもしれません。

アロマテラピーグッズについて

協会で使うアロマテラピーの精油は全てフランス製オーガニック精油を使用しています。

Kyoto Natural Factoryの代表にアドバイスをいただき、半年の時間を経て協会のブレンド精油が完成しました。

オリジナルのブレンドは、ペットに安全なものをと考え抜き配合しました。試行錯誤を繰り返し、KNFの担当の方にレシピを送り、試作品ができて香りを嗅いだ時の感動は、フランスのオーガニック精油がフワッとまろやかで華やかで優しくて、一瞬で景色が変わります。

エメラルドグリーンLINE
森林浴系の香りで、免疫力を高めたり、心地よい目覚めを促し、記憶力をUPしたり、召集にも役立ちます。

マンデリンガーネットLINE
柑橘系の爽やかな香りで、不安を鎮めたり、気持ちを整えたり、胃腸の働きを良くしたり、子どもにも優しい精油です。

ラベンダーアメジストLINE
フローラルな香りで甘く、鎮静作用、睡眠を促したり、自律神経を穏やかに整えてくれます。虫除け効果もあります。

  • 私たちの一番のこだわりは、「フランスのオーガニック精油」です。フランスのオーガニックは基準が高く、妥協がないと言われています。人もペットも安心安全なものを!これは色も香りも衣服も同じです。そしてフランスのオーガニック精油はなんといっても華やかで優しい香り。
  • そして京都で作成していただいていますが、都会の京都ではなく、北の方ののどかな土地で作られています。「京都産」ということも大切にしています。

ラベルのロゴマーク

ラベルのロゴマークですが、11本のバラが輪になっています。
バラの花言葉って他のお花と違って、実は本数で意味が違うのです。
3本は「愛してます」、13本は「永遠の友情」、
では
11本のバラの花言葉はというと「最愛」です。
最愛のペットに、最愛の人に、最愛の子供に、、、最高の香りを♡

協会のロゴも11本のバラ・・・のつもりで11の生き物としました。

最愛の自分に、最高の香りを!

それが協会の願いです。

>愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペットと自分の健康を守りながら幸せになる!教えることで社会貢献!