マッサージ

マッサージ

コミュニケーションマッサージ「さする」

人間のための回復整体をベースに、ペットのために開発された「SASURU」

協会では、コミュニケーションマッサージ「さする」として使用を許可いただきました。

一見簡単そうに思いますが、犬のマッサージを各種習って各種習得された方は「難しい」と言います。行動や手順はいたってシンプルです。講座中に覚えられない方はいません。でも「手」の使い方・意識に関しては難しいと思います。

いかに愛するペットが安心してくれる「手」にできるか、脳が快になる「手」になれるかと思うと、案外スッと慣れてしまうものです。その意識は動物福祉にもつながることですから、全ての項目の理論をしっかりと頭に入れてくださいね。

すべてのペットに「さする」を行っていただけます。

回復整体総合学院 創設者の小森秀信・やよいご夫妻が開発された「SASURU」

マッサージⅡ「つまむ」

もう1つのマッサージは「つまむ」。体の骨と肉の間に隙間を作るようなイメージで優しく痛くないようにつまみます。犬は特に腰のあたりが硬く、最初はうまくつまめませんがだんだんつまめるようになると楽になるような表情をします。痛くなく快適な力加減は、ペットによって違いますので、その個体に対して快適なつまみ具合を見つけていきます。

犬・猫・うさぎ・フェレット・モルモット・さるなど、マッサージできる個体が限られてきます。

指導:整膚スクールの柴山氏

2種類のマッサージ

なぜ2つの全く違ったマッサージを取り入れているのか・・・

ペットが素直に受け入れるからです。
そしてどちらも人間のマッサージがベースになっているからです。

「さする」は怖がりさんの心を早く開きます。リラックスしていきます。
ペットとのファーストコンタクトにはぴったりなコミュニケーション方法ですから、新人スタッフやボランティアさんにペットとコミュニケーションをとってもらうにはぴったりの触り方なのです。

保護犬にはSASURUことによって早く安心感を生むことが可能と考えます。
もちろんショップやブリーダーから初めておうちに来た時にも使ってください。

「つまむ」は最初は活発なペットの方が向いていますが、怖がりさんも飼い主さんと信頼関係が結ばれたなら「つまむ」も喜んでくれます。そして指や手の力加減が重要です。痛いと感じたらペットのその人に対しての信頼は下がっていきます。だからこそ相手を思う優しさが必要になります。

残念なから小さすぎるペット、体の表面が固い、羽のあるペットには向いていません。

元は人間のためのマッサージ

この2つのマッサージは、自分にマッサージをすることもできます。

一度自分にマッサージをしてみてください。快適です。

>愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペット 自己愛 健康 ケア 社会貢献 = 幸せ

愛するペットと自分の健康を守りながら幸せになる!教えることで社会貢献!