マッサージ

マッサージ

コミュニケーションマッサージ「さする」

回復整体総合学院 創設者の小森秀信・やよいご夫妻が開発された回復整体を、 ペットのために「SASURU」として開発。AコースのマッサージとしてFaamaJにコミュニケーションマッサージ「さする」として伝授していただきました。

一見簡単そうに思いますが、犬のマッサージを各種習って各種習得された方は「難しい」と言います。行動や手順はいたってシンプルです。講座中に覚えられない方はいません。でも「手」への意識に関しては難しい、と私も思います。

いかに愛するペットに安心してくれる「手」にできるか、脳が快になる「手」になれるか。回復整体院で培われてきた手技がFaamaJで公開されます。

こちらはすべてのペットに対して行っていただけます。(ペットの種類によって、また個体差によって行えない場合もあります。)

「つまむ」

柴山郁子サロン&整膚スクール代表の柴山さんにBコースのマッサージとして伝授していただいたのは「つまむ」。体の骨と肉の間に隙間を作るようなイメージでつまみます。犬は特に腰のあたりが硬く、最初はうまくつまめませんがだんだんつまめるようになると楽になるような表情をします。痛くなく快適な力加減は、ペットによって違いますので、その個体に対して快適なつまみ具合を見つけていくのがプロです。(Bコースはアロママッサージを施術できる能力を養います。)

基本的には犬を中心に、猫・モルモット・さるなど、マッサージできる個体が限られてきます。

2種類のマッサージについて

なぜ1つの協会で2つの全く違ったマッサージを取り入れているのか・・・

どちらのマッサージも人間の施術から、ペットのために使われ始めました。

「さする」は犬に使っていて、怖がりさんの心を早く開きました。ファーストコンタクトにはぴったりなコミュニケーション方法です。そしてマッサージの仕方からたいていの動物やおそらく家庭動物でなくても使える手技だと思います。 オールマイティーに生き物に使えるコミュニケーション方法を飼う方に教えたい、特に初めて飼うときに、お家に連れてきたその日からコミュニケーションをとり、信頼関係を築く基本として。

「つまむ」は犬に使っていて、ココをしてと犬が体を差し出します。それは信頼関係ができている上でのことです。手技から考えると小さなペット、体の表面が固いペットや羽のあるペットにはできません。種類や個体を選びます。

どちらも取り入れることでAコース・Bコースの目的が明確になります。

どちらも習った飼い主さんは、それを自分にマッサージをすることもできます。さらに人間の方も学びたい方は、小森さんも柴山さんもご紹介もできます。

このマッサージはFaamaJの大きな宝です。

>大好きなペットの仕事!社会貢献と収入アップ

大好きなペットの仕事!社会貢献と収入アップ

ペットと触れ合いながら、自分も健康になる!   ペットと飼い主を幸せにすることで、自分も幸せになる!